北の大地からF・Marinosを追いかけて
北の大地札幌から一刻も早い横浜永住を夢見る管理人がマリノスへの想いと北国の生活を綴るBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
第15節札幌ー湘南戦(おそっw)
20040529_1.JPG遅まきながら、土曜日は札幌ドームへ連敗街道まっしぐらに突き進むコンサドーレに勝利をもたらすべく札幌ドーム行って来ました。私が最後に観たのは6節横浜FC戦。その時の引き分け以後札幌は8連敗の泥沼にはまっている。
普通のサポーターならいいかげんおかしくなるような状況だろう・・・しかし断幕は一つもひっくり返っていないし、選手への力強いコールも送られる。3節仙台戦では開幕からボロボロな連敗を喫した仙台側は早くもお怒りムードで断幕はひっくり返り、更には「闘志なき者は去れ」みたいな言葉まで掲げられてました。
また浦和は特に連敗したわけでもなく、何がそんなにご不満なのか良く分かりませんが、「静観しよう」なんてことでシーンと静まり返ってみたりする中で札幌市民は我慢強いですね。
「今は育てる時期。我慢の時期」ということでしょうか?
試合は前半は一方的に札幌が攻め立てるような展開。サイドを使って崩すシーンが目立つ。そして湘南のDFは最後のところでマークが確認できていないのか、札幌2トップを全く捕まえられない。しかし、フリーでシュート打たせてもらっても決められないのが札幌らしいところw
しかし何回もシュートしてればそのうち入るw得点シーンは左サイドに展開した砂川のクロスを清野がキチっと頭で合わせたもの。
「そう。そうやって簡単にプレーすればいいのw」
湘南は攻撃も形が作れない。
アマのポジションが何だか中途半端で良く分からない。かなり引いて来るために攻撃にかかっても人数が足りない場面が目立つ。
後半も相変わらずお互いにいい形を作れない展開が続くが19分、ゴール前で処理を曖昧にしたために相手に奪われ失点。
「あーいう位置ではハッキリプレーしろよ!」
終盤はまたしても札幌が一方的に攻め立てる。ロスタイムにゴール左でFKを得る。スタンドからは「最後だ!藤ヶ谷!お前も上がれ!」と言った声が飛ぶw
結局勝てる内容で結果はドロー。
それでも終了のホイッスルが鳴ると同時にゴール裏からは
「We are SAPPORO! We are SAPPORO!」のコール。
自分達の街のチームを育てている
そんな感じがしたゲームでしたw
あ、私の好きな湘南の歌
「緑と青の~勇者湘南~さぁ今日も行こう~勝利目指して~」
の歌は最後の最後まで歌われませんでしたが、終了間際にやってくれましたw急いでムービー携帯で録画しましたが、札幌のコールしか聞こえませんでした・・・(T_T)









スポンサーサイト
ジーコ・ジャパンが野戦病院と化した
イングランドに遠征している日本代表が大変なことになってるみたいですw
◆ジーコ・ジャパン故障者リスト◆
氏名けがの内容27日の状況
中村 俊輔左内転筋痛ジムで別メニュー
高原 直泰胸の違和感病院で検査
藤田 俊哉右ひざ痛ジムで別メニュー
久保 竜彦右ひざ痛ピッチで別メニュー
小野 伸二右足首&太もも痛全体練習参加
宮本 恒靖虫垂炎から回復全体練習参加
中田 英寿右足付け根痛代表辞退
西   紀寛右ひざ外傷性水腫代表辞退
SANSPO.COM
まぁ海外組はシーズン的に激闘を終えた時期でるからねぇw
何でもいいですが、W杯予選だけは万全でむかえて欲しいですね。
インド戦はホームだし楽勝だというのが当然ですが、・・・シンガポールのことがありますからね。。。
倉木麻衣@札幌
TS260202.JPG
会社の同期の奴がたまたま倉木麻衣チケットが当たったというのでライブ見てきましたw
歌は良く分からないので何とも言えませんが、しみじみとしたライブでしたw
中盤は良く分からないので寝てしまいましたw
でもアンコール後等、最終的には満足でしたw
ちなみにMCは恐ろしく下手です。聞いてるこっちが恥ずかしくなりました・・・w

久保を連れて行かないで・・・
「まだ(右ひざに)痛みはある。回復?分からないです」

kubo20040526.jpg

と語る久保がイギリスに強制連行されてしまいました・・・。
ジーコは
「この間のJリーグ(名古屋戦)であれだけいい動きをしていたから大丈夫だろう。途中帰国? そういう仮定的な話はしたくない」

なんておっしゃってるようです・・・。まぁあの得点シーンは強烈でしたからねぇ・・・でも相棒の奥が選ばれてないからなぁ。久保はお友達を選ぶからねぇ・・・仲良く出来るのはとか由紀彦なんだから、お友達がいないときっと結果出せないって。だからW杯予選でもない単なる親善試合で使わんといてくれ!
(SANSPO.COM)
輝いた駒野!
U-23五輪代表チームのトルコ選抜戦は1-1のドロー。
前半は高さでも強さでもスピードでも劣ってる感じで終始押されているゲームでなかなか決定的なシーンを作ない。
後半は石川投入。右サイドから縦への素早い突破、または正確にスペースを突いてくるようなボールを中に入れたりして非常に面白かったですが、怪我をしたようで早々に駒野に交代。
・・・残念(-_-;)
と思いきやここで出てきた駒野が素晴らしい。中央でくるくるっ!と広島ルーレット決めて抜いたり、右サイドで守備に攻撃に非常に素晴らしい輝きを魅せてくれました。
得点シーンも駒野が高い位置でボールを奪って得たコーナーキックから。
森崎のキックにキーパーが誘い出されて、飛び出したにもかかわらずボールに触れれずにファーに流れる。
そこにドドドドフリーでいたのが今野
きっと誰もあんなちびっこ(でもないがw)がヘディングしてくるとは思わなかったんでしょうw
最後にも駒野から中央に入ったボールを平山がDF2枚に囲まれながらうまーーくトラップしてキーパーと1対1のシーンを作ったんですが、決めれずに試合終了。
ドローに持ち込んだのは素晴らしいが、大久保の狙ったループ、阿部の強烈なFK、最後の平山!と後半は惜しいシーンがあっただけに、キメるとこでキチッと決めておかないとアテネでは貴重な勝ち点を失ってしまいますからねw
逆に決めるとこしっかり決めれば格が上のチームにも勝てる。
そう。横浜が城南をワンチャンスで倒したように・・・w
日本ートルコ選抜 速報的試合の詳細はこちら(YOMIURI ON LINE)


五輪代表トルコ戦前夜
キレキレの田中達也が離脱(SANSPO.COM)のようですが、明日のトルコ戦予想してみましょうw
予想ってか希望w
     川島
 徳永 那須 茂庭
 鈴木 今野 阿部
  石川   松井
  坂田   平山

ファンタジスタ松井とスピードアタッカー石川を攻撃的な位置に置いて、平山のポストと坂田の裏への飛び出しに期待www大久保はすぐにキレるからベンチw
闘莉王は守りやらないからダメwあいつDFのくせに失点は置いといて「点を取りたかった」とか言うし・・・w
レッジオ・ディ・カラブリアに爆弾?
埋まっていたようですw
MF中村俊輔(25)が所属するセリエA・レッジーナの本拠地、レッジオ・ディ・カラブリアの空港に大型爆弾の疑いのある物体が埋まっていることが24日までの調査で判明した。早くて今年8月、最悪年内いっぱいの空港閉鎖も決まった。つまり俊輔、爆死危機にひんしていたわけだが…。
SANSPO.COM

ってか空港を初めに造った時に気付かないもんなんですかね?w
さらには
不発弾か岩か特定されていないものの、第二次大戦中、武器倉庫として使われていた同地だけに工事は即中止。50個以上の不発弾が地中に残っている疑いもある。この空港はレッジーナの練習場のすぐ隣にある。まさに危機一髪。俊輔ら選手にとって、笑いごとでは済まされない事態だ。
これは危機一髪なんでしょうか???確認、除去されない限り危機は去ってない気も・・・。
何はともあれ私達のファンタジスタが爆死なんてことにならないことを祈るのみですw
マスクマン登場w
gral.jpg
ビックスワンにマスクマンが出現したようです・・・そう。決勝弾を叩き込んだ男。一時は磐田から先制点を奪い、私達を「おっ!」と思わせてくれた新潟ですが、やはり磐田を倒せというのは荷が重い。っていうかこの男が日に日に磐田にフィットしている。
エメルソン抜く日も近い

と題されたこのSANSPO.COM記事だがまさにそんな恐れもある。エメは確かに「何で日本でやってるんだ?」って思わせるくらいもの凄いスピード、一瞬のキレ、ゴールを確実に仕留める決定力があるが、グラウも近づいていることは間違いない。11試合で9得点。
横浜の強いところはほぼ「完璧」にこの二人の男を抑えたこと。開幕戦ではエメの独創的な後ろ向きボレーで失点してしまったが、あのシーンはどうしようもない。あんなゴールを決めるエメルソンを褒め称えるしかない。
まぁ何はともあれ、毎度ネタ仕込みをしてるらしいグラウのゴールを私達の目の前で披露させなくて良かったですよねwってことですw(いいかげんネタが尽きて、ゴールしなくなるといいんですがw)
横浜マリノス株式会社 左伴社長の手紙
「おつかれ!次な、次!」
と題された我らが横浜Fマリノスの社長である左伴氏の新しい手紙がアップされた。
その中で
よく世間では「チャンピオンチームはこういう過密日程でも結果を出すものだ」と言われます。しかしですよ。僅か4ヶ月でジュビロさん以外の他チームより倍近い試合をこなし、城南でさえF・マリノスより6試合も少ない。ましてやA3とACLを上海、三ツ沢で連日ゲームという1チームでの対応は到底不可能というとんでもない日程をチームに強いてしまった中で、誰がそのようなことを言えるのでしょう。

とおっしゃられているが、言い訳するならこんな日程になる前にJリーグ並びにAFCに何らかの意見は出来なかったのか?
というのもこの話の前段階としてJリーグ佐々木事務局長殿によるとんでもない発言(読売ON LINE)があったわけでwこの記事に関する激怒のやり取りはYokohama☆POLAR Web Site内のMeeting Room(掲示板)のNo.293の書き込みでブーブー言ってますが、何なんでしょうかね?
左伴社長もサポーターへ向けたお手紙じゃなくて、JリーグまたはAFCへ向けたお手紙でも書いてくれればいいんですがねぇw
うちの社長にそこまで求めるのは無理でしょうかねぇ・・・w
今の横浜は強い
首位磐田を追いかける横浜は常に勝ち点3以外は許されない厳しい闘いを強いられる。水曜日にはインドネシアで過酷な闘いを終えた選手にとってコンディションは最悪だろう。
この日もやはり疲れの色が見える。ゲーム自体は序盤から終始横浜が支配するが、決定的なチャンスを作れない。最後のところで精彩を欠いたプレーが続く。無理もないだろう・・・
しかし、こんな状態でも勝ち続けるところに今シーズンの横浜の強さを感じる。昨年の完全優勝はどうも嘘臭さが残ったが、今の横浜は最後のところで何とかしてくる。
きっと岡ちゃんの戦い方がハッキリとしているからだろう。久保を入れて、柳をトップに上げて、サイドには由紀彦を入れて・・・非常に分かりやすい。
この日も読売戦に続いて由紀彦がゴール前に詰めての決勝弾!
読売戦のゴールもそうだが一見すると何となくそこにいたからたまたまでしょ?みたいなたなぼたゴールにも思えるが、由紀彦がそこに詰めていたことが非常に重要。
試合後のインタビューでも言っていたが「アシストだけではなくて貪欲にゴールを狙っていく」
まさにこの気持ちの現れである。その前の奥と久保の絡みも素晴らしい。昨年の万博でのガンバ戦を思い出してしまうような、奥からの浮き球を久保がダイレクトボレーで叩き込む!いやー見ていて迫力があるw
失点のシーンは相変わらずの課題。セットープレーからのカウンターは昨年から何回もやられてる。まぁ点取るためにゴール前に那須やら、松田やら、中澤やら、柳やらって高い人間を集めてるわけで守備が手薄になるのは仕方ないことなんですがね。
読売戦もロスタイムに突き放した。清水戦も終了直前で何とかドローに持ち込んだ。そして今日も先制された中で逆転をした。試合後のインタビューで奥は先制されたことを聞かれると「点取られたのは20分くらいだったんで、焦りは全くなかった」とのこと。
頼もしいチームになって来てます。
ちなみに平然と90分プレーをしていた上野ですがオフィシャルサイトの岡ちゃんのコメントによると父親が亡くなったばかりのようです。とても闘えるような心境ではないはずですよね。普通なら忌引きだしw
今の選手達を見ていると本当に
「Vamos!F・Marinos!俺達の誇り!」
と感じます。




本日のJピックアップw
柏の南ちゃんがすごいことやってましたねw
いやVTR見てビックリしましたw自らのゴールに投げ入れるとは・・・w
niftyのニュースに書かれてますw
J2では札幌が相変わらずの1-2で山形に敗戦(-_-;)
ってか4連続1-2ってどうなんですかね?今期14試合で6回1-2で負けてますwってか8連敗が全て2失点です・・・
なんかこうも続くと2失点の呪いにかけられてる感さえしてきますねw
ちなみに私が今期足を運んだ札幌ドーム2試合では負け無しですw
3節仙台1-0
6節横浜FC1-1
次節の湘南戦は確実に札幌ドーム行けるので、私が行けば泥沼の連敗も脱出かな?
今日のJリーグ
・鹿島 0 - 0 F東京
・東京V 1 - 3 浦和
・市原 1 - 1 C大阪
→ここまではふつー。ってか市原も結局はこないのねw
・清水 1 - 2 大分
→最近大分強いねー
・広島 3 - 0 柏
→ありゃ!柏どーしたの?広島相手に3-0ってやばいですよねw
ってか波戸はどうしたんだ???
で。。。
・G大阪 6 - 3 神戸
→神戸ボコボコにされてるなぁーなんて思って内容を見てみると・・・
89分に3点も入ってるんですが・・・一体どんなロスタイムだったんでしょうかねw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。