北の大地からF・Marinosを追いかけて
北の大地札幌から一刻も早い横浜永住を夢見る管理人がマリノスへの想いと北国の生活を綴るBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
祝V3!
20040626.JPGゴール裏はいい盛り上がり具合w
最終節は当然のごとく北の大地脱出!今思うとなんだか試合が始まる前から勝って優勝することが必然的なことのように感じていた。普通なら「磐田は勝つことは間違いないだろうし、相手は鹿島だし引き分けもありうるな・・・」なんて危機的な感情になるはずなんですが、どーも負ける気が微塵もしない。優勝出来ないなんて考えが頭の中に全くイメージ出来なかった。
久保を坂田と安貞桓のどちらと交代させるかは正直迷った。安貞桓と久保を並べるのは、ACLでの格下のチーム相手には起用しても、Jリーグでは2節ぐらいしか使っていない。二人とも攻守に運動量が豊富なプレースタイルでないからだ。ただし、きょうは相手に退場者が出て全体的にゴール前に引いて下がっていたので、運動量よりもゴール前での決定力が優先すると考えたので坂田と替えた。
by岡ちゃん@オフィシャルHPゲームレポート
さすがですねw最終節でやっとこさメンバーが全員揃ったので、どうするか?今までの勝ちを重ねてきたメンバーを起用するのか?それとも最強(と思われる)メンバーを組むのか?結果、スタメンは奥も久保もいない。今までの流れのままで勝負どころで仕掛けてきたって感じ。久保と同時に由紀彦も入れるのかと思いましたが、さすがにあの時間帯で3枚目は切れませんよね。(いつGKが退場するか分からないしw)
20040626win.jpg史上初ステージ3連覇達成・・・うーむイイ!w

お次の目標は取り合えず国内タイトル全部奪取ですかね?ナビスコと天皇杯で3冠行っておきましょう!なんだか常勝チームになってしまった今、優勝とは「日常」の出来事のような感が漂ってます。これをいい方向に持っていきたいですね。ってか2ndなんて選手はモチベーション上げるの大変だと思います。ここで目標を失って急降下するのではなく、「日常」の如く優勝出来るようにしたいですねw

スポンサーサイト
「等々力の乱」
やっぱり我慢ならなかったようですw等々力で札幌サポーターが暴れたようですw
等々力の惨劇…。コンサドーレ札幌は0-6と川崎Fに大敗を喫した。クラブワーストタイ(J2最多)の6失点、同更新の12連敗(引き分け挟む)に一部サポーターが暴走。試合終了後、ピッチに飛び出し、選手に蹴りかかるなど、乱闘寸前となった。一触即発の状態に柳下正明監督(44)が自らゴール裏に出向き「力が足りないんだ」とサポーターに向かって、異例の「直接釈明」を行った。
北海道日刊スポーツ
いやーアツイですねwってかさすがに温厚な札幌市民も我慢の限界でしょう・・・まぁこの人たちの行為は肯定出来ないが、気持ちが分からなくもない。こんなふざけた結果をいつまでも連発されたらそりゃキレるよねw一時はJ1にいたプライドもあるだろうしねw
札幌弱すぎ・・・
ちょっと横浜を離れて我等が地元コンサドーレ札幌の話題をw
ってか弱すぎですwどーなってるんでしょう?いくら絶好調川崎相手でも6-0ってさ・・・これで引き分け挟んで12連敗です・・・。今までは2-1での敗戦がやたらと多く「1点は取れるんだけど、我慢する集中力が持続しない」って感じでしたが今回はこてんぱんにやられたみたいですね(笑)
いつまでサポーターは「今シーズンは育てる時期。我慢の時期だ!」って我慢出来るでしょうか?
コンサドーレ札幌オフィシャルサイト速報
奥復活!
ついに奥大介が復活ですw
左太もも裏の肉離れで3試合連続欠場の横浜MF奥大介主将(28)が、最終節(26日)の鹿島戦でスタメン復帰する。4日の練習中に痛め、21日に川崎市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)などの精密検査を受け、平沼チームドクターからゴーサインをもらった。まだ足の付け根の部分には軽い炎症がみられるものの、筋肉には異常がなかった。今日22日からチーム練習に部分合流する。
いやー心強いですねwやっぱり奥がいると攻撃がピシっ!としますからねwってゆーかこんな可愛らしい一面が・・・w
柏戦は、横浜の自宅に衛星放送が映らないため、近所のレジャー施設まで行ってテレビの前で応援した。
柏くらい近いんだからスタジアム行けよ・・・(笑)ご夫人と一緒に観てたんですかね・・・wちゅーかそんな光景見てみたい・・・
ってことで色々とありましたが、最終節は最強メンバーで臨めるわけですねw
榎本(どっちでもいいやw)、中澤、松田、那須、柳、上野、ドゥトラ、由紀彦(久保用にw)、奥、安、久保・・・
うーーーーむ強すぎる・・・!
奥、最終戦先発へ!横浜V3見えた 日刊スポーツ
“ヒデ不要論”に神経とがらす中田英?
GENDAI.NETでは更に中田バッシングが続いていますw驚きですw
「中田はそもそも技術レベルが低く、足も遅い。視野の広さとパスのセンス、強靭なフィジカルが持ち味ですが、ここ2年はケガ続き。肉体的な衰えでプレーの質がガタ落ちし、並の選手に成り下がってしまった。そしてファンや関係者の間で“ヒデ不要論”の声が高まりを見せている」(サッカー選手)
 実際、“ヒデ”が出場しなかった英国遠征で強豪イングランドとドロー。さらに先のインド戦の圧勝が追い打ちを掛けた。「あのヒトがいなくてもやっていける」という声がチーム内からもわき起こっているのだ。
「中田を嫌っているのはMF小笠原、三都主、柳沢、中村、小野といったところ。あとFWの久保は“小野とは目が合った瞬間、欲しいところにボールが来る”といった表現で“中田はもういらない”と周囲にアピールしている」(サッカー記者)
確かにパルマ移籍の頃があまりに一気に駆け上り過ぎた感があるので、その頃の勢いは感じませんがボローニャに移籍してまた戻りつつあるような気がしてましたがねwってか俊輔ってヒデのこと嫌ってたっけ?むしろリスペクトしてた気がしますが・・・。
こうしたバッシングに中田もようやく気付いたのか、アノ手コノ手で裏工作しているという。
「旧知のライターに“98年W杯予選を経験した中田とGK川口の2人は不可欠”といった記事を専門誌に書くように働きかけている。自らのスゴサをあらゆるメディアに載せるように画策し、世論を誘導しようとしているともっぱらです」(事情通)
旧知のライターって金子達仁氏でしょうかね?w
まぁ実際のところはいちサッカーファンには分かりませんが、なんで現代はこんなにムキになって中田の記事書くんでしょうかね?
そういえば最近ご家族が中田家と縁があるとかないとかっていうCOっち☆さん!真相はいかに?(笑)
“ヒデ不要論”に神経とがらす中田英 GENDAI.NET
社長の手紙w
我等が愛する横浜マリノス株式会社の左伴社長殿の新しいお手紙がアップされましたw別人が書いているというのが専らのうわさですが、今回の内容はひどくありきたりで、いつもの「社長ぉー!サイコーだぜ!」みたいな鳥肌が立つようなものではありませんwただ、
昨年の1stステージ最終戦前は、選手達が燃えることは何でもしようと必死でした。大勢のサポーターやファンの前なら気合が入ると言われれば、新横商店会の方々のご好意により、大きなフェスティバルを開催して戴きました。出資会社にもお願いして数万の社員、ご家族、関係者の方々に来て戴きました。今年は、もう黙って最終戦を迎えようと思っています。
もう2回も連続優勝して、いいかげん優勝ごときでイベント考えるのめんどくさくなってきたんですかね?wまぁ「常勝」チームであるからには優勝が日常であるわけで、普段通りやればいい。下手に変なイベントを行う必要はない。たださ、350万人も市民がいる横浜でさ。街の誇りであるはずにクラブチームが優勝しようかって時には自然と横浜国際が満員になるような広報活動を常日ごろから行っていて欲しいですね。
最後に気になった部分
相手は二強の一角、鹿島。
って二強とは磐田と鹿島を指しているのでしょうか・・・?自らのチームは今だ二強の下だという認識なんでしょうか?私たちは既にチャレンジャーではなく、王者なはずですが社長はあまり実感を持ってないのでしょうかね?w
最終決戦/Go the distance to the end !
イルハン帰る(笑)
イルハン様が帰ったようですw
右ひざ故障で戦線離脱中のJ1神戸FWイルハン・マンスズ(28)の退団が20日、決定的になった。前夜、家庭の事情によるドイツ帰国をクラブに申し入れたが拒否され、この日関西空港から“無断帰国”。クラブは「当然ペナルティーは課す」としており、このまま退団の可能性が大きい。
SANSPO.COM
移籍金と2年契約の年棒合わせて約11億円の損失だそうですw
ってかJの弱小クラブでも11億円も捨ててもへっちゃらなんですねwいやー経営がしっかりしとるwww私たちは貴重なイルハン様を拝めたわけで幸せもんですねw
昨年1stと全く同じ流れに!
ついに開幕以来首位を突っ走ってきた磐田が首位から陥落しました。鹿島様様ですねwってか決めたのもルーキー君だしwいやー鹿島は昨年の2ndでは浦和に前半で2点リードしながらも最後に引き分けで終わってくれて私たちを優勝に導いてくれましたw今度は磐田を倒して私たちを首位へ導いてくれましたwそんな鹿島様様には恩を仇で返すようで大変申し訳ありませんが、目の前で優勝させてもらいましょう。J史上初の3ステージ連続優勝を!
思い起こせば昨年も第14節ガンバ戦を久保のアクロバティックボレーなんかで勝利!対する首位の市原は上位いじめが得意な清水に負けて我等が横浜が最終節を首位で迎えることになった。同じようにやればいい。ただ、2ndを思い起こすと前半終了時点で横浜1点ビハンド、人数10人、埼スタでは鹿島が2-0で浦和をリード。こういう絶望的な状況からも最後の最後で笑ったのは横浜であった。だから絶対に余裕こいてたらやられる。最後の笛が鳴るまでとことん集中して闘いたい。鹿島はしたたかなチームだから一瞬でもスキを見せればやられるだろう。それに「ダレカンピオン」はチャンピオンになった時だけ歌うべきものだろう・・・
で、柏戦も色々とゴール裏ではあったようですがwまぁあまり浮かれずに、まずは鹿島を倒すだけを考えたいですね。
<柏戦の反省>
コーナーキックのマークの確認をしっかりしておくれ!何でドフリーで打たせてるんだ?失点後も永田にフリーで打たれる危ないシーンがあったし・・・無意味にニアに人が密集して(敵がいないのにw)、全然人についてないからファーで永田がドドドフリーになるのよ!
岡ちゃんも
ここ2試合2-0とリードしてから3点目が取れるチャンスを生かせなかった。それでも何とかなっていたのだが、きょうは1点を失った。だから満足できるサッカーとはいえない。しかし、これで選手に危機感が出てくれれば結果的にはかえって良かったかもしれない。
オフィシャルのゲームレポート
なんて言ってる通り、前半はほとんどボールを支配し一方的に攻め立てる展開だったが、後半は攻められる時間も多かったし、最後は必死に逃げ切るって感じだったので内容は良くなかったです。ただ、何が重要か?昨年までは「上が負けたら仲良く負けていつまでも勝ち点差が縮まらない」なんていう状況になってましたが、磐田が負けたという事実を受けてのゲームでしっかりと勝ち点3を上積みできたこと。
これが今年の横浜は「強い!」と思える理由のひとつだろう。
最終節、鹿島をぶっ倒して誇り高く「ダレカンピオン」を歌いたいですねw
旧2強の激突
鹿島がやってくれましたwいい試合でしたが、最後のほうにやや疲れから停滞気味だった鹿島の攻撃が最後の最後で魅せてくれました。ありがとういわまさ君。(誰か良く知らんが、ルーキーさんみたいw)
一通り喜んだところで、さぁ柏戦。私は悲しくも自宅でこんなしょうもないWebLogを書いてますが、現地の皆様には是非荒れ狂ってきて欲しいですね。決して「ダレカンピオン」とか余裕こいて歌わずに、試合終了まで貪欲に選手たちをゴールに向かわせて下さいw
ちなみに岡ちゃんは奇策があるようですw
横浜岡田武史監督(47)が、逆転優勝への奇策を用意した。今日19日の柏戦(柏の葉)で韓国代表FW安貞桓(28)を初めてキッカーに指名。安は、18日の戦術練習で味方さえ震え上がる弾丸CKを蹴り込み、新型オプションの威力を証明した。横浜は残り2戦で今季課題だったセットプレー時の得点力不足を解消し、勝ち点1差で追う首位磐田から王座を奪う。
日刊スポーツ
とにかく最近やっと上昇してきた安貞桓には期待大です!
中田英寿不要?
「ボロ勝ちインド戦で“中田ヒデ”不要がハッキリした」ようですw
やっぱり、中田英寿は必要ない。ドイツW杯アジア1次予選のインド戦で、それがあらためてハッキリした。(中略)ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏はこういう。 「中田が抜けたことで、日本の攻撃がスムーズに機能するようになった。中田がいると、好き勝手に動いて攻撃を仕切ろうとする中田に周囲の選手が合わせなくてはいけない。とりわけ、中村、小野という能力の高いMFの動きが制限されてしまう。中田が右サイドに動けば中村はそれをフォローする形で左サイドに回らなければいけないし、ボランチの小野は前に攻め上がることができなくなる。持ち味が殺されてしまうんです。それでいて中田はミスが多い。これでは、攻撃が機能するはずありません」
GENDAI.NET
中田が不要なんでしょうかね?ってか中田の問題というより周りの気弱な日本人達のせいだと思いますが・・・。確かに中田がいると周りの選手が誰も「ヒデさん」に逆らえなくて、のびのびとしたプレーが出来ないなんて話も聞いたりしますが。ってか日本代表に招集されるような選手って皆「我が強くて、俺が俺が」的な自信と誇りに満ち溢れてるのかと思いましたが、そうでもないんですね。で、日本人唯一の世界レベルのプレーヤーである中田に日本代表が何とかして合わせないと世界で闘えないんじゃないですかね?日本のそれなりのレベルに合わせたサッカーを目指して、親善試合でヨーロッパのチームと善戦して、アジアの弱小国相手に大勝して喜んでるようじゃドイツ行く前にやられる危険性もあると思いますがね。アジアの怖さはACLで十分感じました。サッカーの技術だけじゃない色々な怖さがあると思いますねwACLは中東は入って来る前でしたが、特に中東が絡んでくるアジア最終予選なんかでは更に怖いでしょうねw今やアジアでは完全にチャレンジされる側ですからねぇ。前回開催国だったのでこの前のアジア予選の闘いを経験してるのって中田だけだし・・・。あ、能活もだw貴重な経験をしている唯一の選手を「必要ない」なんて言っちゃうあたり不思議wwwトルシエだって最終的に「経験」をベンチに置いたのにねw

久保がついに壊れたようです・・・
まさか4分試合に出たことが原因ではないでしょう・・・
横浜FW久保竜彦(27)にドクターストップがかかった。右ヒザ痛が悪化し、14日の練習を急きょ中止した。Jリーグ逆転優勝をかけて正念場となる明日16日の広島戦(横浜国際)の出場も微妙となった。
日刊スポーツ
以前も書きましたが、なんでジーコの為に横浜が犠牲にならんといかんのでしょうか?チームはもっと何か出来なかったんですかね?まぁ現実はもう久保を当てにせずに闘うしかないですね。一つづつ。まずは明日の広島戦。そろそろ爆発の予感を感じる安に期待しましょう。
ちなみにイルハンも同じようですw
神戸FWイルハン・マンスズ(28)が14日、右ひざの違和感を訴え練習を回避。神戸市内の病院で検査を受けた結果、患部に水がたまった状態で数日間の経過観察が必要とされた。明日16日の首位磐田戦(ヤマハ)も欠場する。イルハンは4月1日に半月板部分除去手術を受け、12日横浜戦で3カ月ぶりに復帰したが、わずか17分の出場で再び離脱に追い込まれた。
日刊スポーツ
この人やる気あるんでしょうかね?w


やっぱり日本ってナメラレテル?
ロベカルが来るはずだったみたいですwでもドタキャンみたいですw
サッカーのブラジル代表DFロベルト・カルロス(31)が12、13の両日、都内で行われるはずだった小学生600人を対象にしたサッカー教室を一方的な理由でキャンセルしていたことが、明らかになった。コンビニエンスストア大手の「am/pm」の主催するイベントで、昨年も来日せず、2年連続のドタキャン。参加者の保護者からは「子供たちの夢を簡単に壊すな」と非難の声が上がっている。
日刊スポーツ.com
なんだかいっつもこうですよねぇwいつかの正月のアクセンチュアサッカーではロマーリオが試合出るって言ってたけど、適当に挨拶しただけだったし、カフーはこねぇーし、ロベカルもこねぇーし。
ってかブラジル人は馬鹿なのか?ジーコみたいに日本で上手く立ち回ればお先安泰なんだよ。あんたら稼げるのって今だけだよw何年かしたらどーせ無職になるんだから、お金持ちの日本と仲良くやっておけば一生安泰な生活送れると思うんですがねwまぁ超一流選手にとって金なんてもういらないのかもしれませんがねw
ってゆーか人間としてなってないのか?単に日本がなめられてるだけなのか・・・どーも後者のような気がしてなんだか腹が立ちますね。
私たちはサポートするしか出来ませんが、生きてるうちにNIPPONがW杯で頂点立って世界中を見下す日が来てくれるといいなぁw更に言うとNIPPONよりも「世界一のクラブチームがYOKOHAMA」だったら更にハッピーなんですがねw
神戸戦・・・実はしょぼいw
遅まきながら録画観戦。仕事中にも試合の状況は送られて来ていたので2-0という結果から完勝を想像していたが、
終わってみれば「あぁ勝ってたんだ・・・w」といった内容。Kりんが「勝ちは勝ちだよね」といっていた意味が良く分かる。
前半は2得点したが崩したシーンは一度だけ。左サイドでドゥトラと上手く絡んだ那須が抜け出してグラウンダーの折り返しを上野が合わせたシーンくらい。
これは一瞬のスピードでポンポンッ!ってゴールに迫っていい攻撃でしたねw
2得点はいずれも安一人の力。1点目は本当に凄かった!あのレンジから上手くドライブかけて突き刺しましたからねwってか安って遠めからのシュートは上手いんですよねぇ。
サイドから横にドリブルして一人交わし、二人交わしたと思ったら振りぬく!って感じのゴールがw
2点目もこぼれて来た球をまた遠めの位置から抑えのきいた素晴らしいシュートを安が放ち、キーパーがこぼしたところを上野が押し込む!
ってかこれってTVで見る限りは完全にオフサイドだったんですが・・・w
後半は始まった早々から立て続けに攻め込まれるも達也の神セーブで何とか逃れる。ここで柳を投入。これが絶妙。
攻撃は相変わらず形が作れないが、乱れてきつつあった中盤の守備が再び安定する。
神戸はイルハンを頼みの綱で投入したくらい。ってかイルハンって本とに凄い選手なのかなぁ?良く分からん・・・
まぁ中澤もオフィシャルのコメントで
イルハン選手は、まだ本調子ではないので参考にはならないでしょう。

って言ってるし、本領発揮したらやばいんでしょうかねぇ・・・。

横浜は最後に山崎が惜しいシーンを2度作る。柳が浮き球をうまーく処理してスルーパスを送る。更に久保がサイドで粘って中央に戻されたボールを奪って完全にどどどドフリーな状況にも関わらずバーを叩いてしまう・・・
これはしっかり反省しておくれ。落ち着く場面では冷静にプレーしてもらわんとねw
まぁ内容はとても「Vamos F ・Marinos!俺たちの誇り!」といえるような内容ではないが、「悪いながらも」勝ち点3をもぎ取るところが「常勝」チームなんでしょうねw
なんだかミラクルの再来を予感させてくれる勝利でしたw
ま、これで昨年の2ndの勝ち点は上回ったんですが、俄然崖っぷちです。もし負けたらその場で「The End」ですからね。ただひたすら目の前の勝利だけを考えて闘って欲しいですねw
許されるのか?ドラゴン・・・
何故ジーコの保身の為に横浜が犠牲にならねばいけないのでしょうか?
横浜の日本代表FW久保竜彦(27)が右ひざ痛を悪化させ、12日のJリーグ神戸戦(神戸W)を欠場することになった。久保は日本代表のW杯1次予選インド戦から一夜明けた10日、横浜に合流。患部が腫れていたため、急きょ精密検査を受けた。故障を抱えたまま代表遠征に帯同し、全3試合に出場した反動であることが濃厚。横浜にとって逆転優勝が懸かる正念場で、エースを欠く緊急事態となった。
nikkansports.com
何で楢崎は使わないで久保は使うんだ?
でも横浜は負けないでしょう。ジーコのように特定の選手に頼るだけの馬鹿げたサッカーはしない。岡ちゃんは手持ちの駒を上手く使って闘う。だから怪我人続出の昨シーズンも勝てたし、異常なスケジュールの今シーズンも勝ち続けている。だから韓国の2人がいなくとも、日本のエースドラゴンがいなくとも、問題はない。アツイサポーターがついてるしw
私は横浜にいつつも仕事の関係上神戸には行けませんが、そのかわりお友達を見送って来ましたw
koube1.JPG大雨の中、神戸へ旅立つ!

「久保がいないと勝てないジーコ」「久保がいなくとも勝つ岡ちゃん」
どっちが優秀な監督か証明してきてくれ!

アテネ五輪組み合わせ
アテネの組み合わせが決まったようです。
 【男子】

▽A組 ギリシャ、韓国、マリ、メキシコ

▽B組 パラグアイ、日本、ガーナ、イタリア

▽C組 アルゼンチン、セルビア・モンテネグロ、チュニジア、豪州

▽D組 コスタリカ、モロッコ、イラク、ポルトガル
毎日新聞
この年代のレベルを良く知らないのでなんとも言えませんが、これって
Group of Death
なんではないでしょうか・・・?パラグアイは
8月12日の初戦で顔を合わせるパラグアイは、南米予選でブラジルを破り出場権を獲得した。堅守からのカウンター攻撃を得意とする。
ブラジルに勝ってるみたいですし・・・(まぁ日本も勝ってますがwww)
イタリアはU21(21歳以下)欧州選手権を制しての出場。攻守のバランスもよく、金メダルの有力候補。組織的守りでイタリアの攻撃を防ぎたい。
組織的な守りで防げるレベルなんでしょうか?wってか更にもしまともにオーバーエージとか使ってきたら半端なさそう・・・。
ガーナも
92年バルセロナ五輪銅メダルのガーナは他のアフリカ諸国同様、身体能力の高さとスピードが武器。しかも、近年は組織力も備わってきており、てごわい相手。
まぁこの辺はお決まりの文章ですが、イタリア以外のパラグアイ、ガーナからは確実に勝ち点3を奪えるようにしないと早々に敗退してしまいそう・・・
でも行けるでしょ!山本ニッポンなら!
7得点で満足?
やっとまともな結果出ましたジーコジャパンw

20040609kubo.jpg ドラゴンらしいボレー炸裂
サッカーの06年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア1次予選3組の日本は9日、埼玉スタジアムでインドを7―0で降し、3連勝の勝ち点9でトップを守った。中田英(ボローニャ)、稲本(フラム)、高原(ハンブルガーSV)ら主力を欠く中、日本は予選で初めて3バックを採用。前半12分に三都主のクロスを久保が決めて先制すると流れに乗り、以後は主導権を離さず、試合を支配した。
毎日新聞

キックオフから6人がゴール前になだれ込む奇襲作戦を練習していたようですが、キックオフからいきなりミドルシュートを打たれたのは日本。「おいおい。大丈夫かよ・・・」と大きな不安と共に始まった試合だが、終わってみれば7-0の大勝。結果は十分だと思います。1点目が良かったですね。ドラゴンらしいアクロバティックダイレクトボレー!これは素晴らしかった・・・。俊輔の3点目はそんなに「芸術」っていうほどのものでもないかと思いますよね。なんだか適当に壁越えて落とせば入るでしょwって感じで軽く蹴ったような感じ。コースもギリギリってわけではないし、俊輔の左足はもっと素晴らしいファンタジーを魅せてくれますからねぇw相手に合わせて確実に得点したってとこですかねwまぁかるーーく決めてしまうあたりがやはり「俺らの誇りウルトラレフティー」ですねw
後はゾルダーが意味不明。彼はなんで日本代表なんですかね?あの玉田がキレ込んで打った素晴らしいシュートを邪魔したら得点が鈴木ですからね。しかも代表での得点が「あの」ベルギー戦以来らしいですし・・・いいかげん柳沢もしかり、ハッキリ言って「海外でプレーしてるから代表」なんて馬鹿げた理論は捨てて欲しい。
今はアテネが間近なんで仕方ないですが、アテネが終わったら代表のFWは大久保、田中達也は当然として、さらには平山、森本あたりが来てもいいと思いますよ。ってか来るべき。久保以外のFWはどれも使えない。どーせ使えないならまだ将来有望な若い選手の方がいいですしね。
後は右サイドですね。左は本望でないですが、アレックがいちおそこそこやってますからね。サイドバックでは危ないですがウイングバックなら結構攻撃に重点置けますからね。
で、加地はなんだか中途半端なんですよね。クロスがいいのか?縦の突破にキレがあるのか?守備が上手いのか?どれも微妙。誰かいい選手いないですかねぇ。やはり石川ナオあたりか・・・?私的には波戸に期待したいんですがね。今年こそは怪我もしっかり治して横浜の右サイドを駆け抜けてくれると信じてたのですがね。ジーコは左にアレックを使うのは間違いなさそうなんで、波戸みたいに足メッチャ速くて守備の上手い選手は最適だと思うんですがね。ま、クロスの精度悪いし、自分でシュート打てないしって問題もありますがw
なんだか結論がまだ出ませんが、予選闘う中で「こいつは!」みたいな選手が出てきてくれるといいですねw真ん中は中田、中村、小野、小笠原、稲本、藤田、遠藤、・・・奥(ボソゥ)ってたくさんいるのでノープロブレムなんですがねぇwってかジーコ!奥もボランチあたりで使ってみるといい味だすぞー!(ま、今は怪我で大変ですがw)
あー最後にジーコ点入ると喜びすぎ!喜ぶのは点決めた選手とサポーターだけでいい。この試合って勝つことは当然でいかに得点取れるか?が問題な試合だし。
岡ちゃんはBinhDinh戦でいくら得点を重ねても「早くリスタートしろ!まだまだ点取れ!」みたいなゲキ飛ばしてましたよね。まぁW杯1次予選とACLは状況が違いますが、アジアで闘うことの怖さを感じたばかりなんで余計に「お前が浮かれるナ!」って思いました。


この人物のオモテとウラ 久保竜彦
我らがドラゴンについて書かれていましたw
03年シーズンは横浜マリノスの優勝に貢献。結果を出して自信をつけたのか、ピッチ外でも“決定力の高さ”を発揮。2月、日本代表合宿中のキャバクラ遊びが大騒動になったが、久保は焼酎を何本もラッパ飲みして上機嫌。キャバ嬢に「胸が小さい」「ブスは帰れ」と言いたい放題で大ヒンシュクを買った。
GENDAI.NET

このキャバ嬢も普段の久保を知ったらきっと笑えたんではないでしょうか?ってか、そーゆーシーンみたいな・・・今度からインタビュアーは焼酎を持っていって一本空けさせてからインタビュー始めた方がいいコメントもらえるんじゃないんですかね?いつも「決めれて良かったです」とか「ボールが良かったんで」くらいしかしゃべりませんからねw

インド秒殺作戦
ジーコがすごい作戦を考えたようですw
サッカー日本代表のジーコ監督(51)は6日、W杯1次予選のインド代表戦(9日、埼玉ス)へ向け、奇想天外の“秘策”を伝授した。キックオフ時に1メートル87のチーム最長身、DF中沢佑ニ(26)=横浜M=を含む6人をFWに配置。サイド攻撃から相手ゴール前になだれ込ませるもので、名付けて『インド秒殺作戦』だ。
SANSPO.COM

6人って一体誰でしょう?ってゆーか相変わらず2トップは久保と玉田のようだが、インド相手に久保は必要なのか?
「(痛みがあっても)多少だましだましでやってる部分もある」

とのことだが、間違いなく
インド戦<<<<<<<<<∞<<<<<<<<<<J残り4試合
という位置づけなんだからさ。無理せんといてくれ。
ナビスコ読売戦@三ツ沢暑すぎ
GWの11連休以来約1ヶ月ぶりに横浜凱旋。
この日の三ツ沢は異常に暑すぎでした。札幌のすがすがしい気候になれてしまった私には本土の暑さはキツイ・・・wしかし試合内容は全然アツクない。日韓代表+奥(怪我がやばいようで心配)がいない横浜はやはり攻撃の形が作れない。先日のサテライトでもそうだったが、阿部が相変わらず使えない。
いちおう横浜がボールを持つ時間は長いが、崩すまでには至らず前半終了。凍らせて来たペットボトルはすっかりお湯状態になっているので、長蛇の列を覚悟で飲み物を求める。バックスタンドの方が空いてるかなーなんて甘い願いも叶わず並んでるうちに後半が始まってしまう。「このままゴール裏へ戻ったら45分持たずに死んでしまう・・・」と思い、泣く泣く列に留まる。やっとのことで飲み物にありつけたのは後半も開始10分近く過ぎてから。(前半終了直後に行ったからかれこれ30分近く並んだのか・・・アホくさい・・・)そして飲み物を抱えながら小走りで進む通路で倒れてる顔に見覚えがw
「K、Kりん!!!」(30台も半ばに差し掛かった女性にはあの日差しはそうとう堪えたようですw)
結果としてはボマちゃんはやはりワールドクラスの人間だってことですかね。1点目はいた仕方ない感じだが、あの2点目のミドルは半端なかった。左足を振り抜いたと思ったら次の瞬間にはゴール左上隅に突き刺さってましたからね。あんなの止められるわけありません。
まぁ後は交代をもう少し早くして欲しかったですね。山崎は当たられ、当たられながらも倒れずにドリブルでキレ込んだりするプレーが今日も見れて良かったのですが、最後の方は完全に動き止ってましたからね。ファンタジスタ大橋をもう少しまともにプレーできる時間に投入して欲しかったですね。後はさっさと阿部に見切りをつけないとねぇ。
まぁ私も「いつかやってくれるはず!」と期待はしたいのですが、相変わらず気迫が伝わって来ない。
ま、負けてもゴール裏からは「Fマリノス!」コール起きてました。皆様は満足だったんですかね。私は別にブーイングする気は起きませんでしたが、決してコールを送れるような闘いぶりとは思えませんでしたね。
20040605end.JPG敗者の後姿

ナビスコはまだまだ負けても問題ないので、ショックは小さいんですよねぇ・・・ま、毎試合勝つのなんて不可能なんで残りのリーグ戦を4つ全部勝ってねw
三ツ沢からの帰り道、坂道をてくてく歩いていくと横浜駅近くで縁日?みたいなのやってたので寄ってきましたw
20040605matsuri1.JPG
やたらと長い道のりで出店が出てました。「いつになったら出口にたどりつくのだろう?」と思いながらお店を見て周っていると
20040605matsuri2.JPG大橋家のチキンなるものがw

ファンタジスタ大橋との関係を聞いてみましたが、当然ながら「全く関係ない」ようでしたw
つまらない試合の後は何か楽しいことがないとねwせっかく大金はたいて札幌から来たんだからw
次回は最終節を予定・・・(本とは波戸に物申すために柏にも行きたいが・・・マリノス破産してしまうw)


レアル今年はトッティ
今年はローマの王子様のようですw
“銀河系軍団”がローマでショッピングに興じる。ワルテル・サムエルの獲得に2500万ユーロ(約33億7500万円)を支払ったレアル・マドリーだが、ローマからさらなる引き抜きを行うつもりだ。狙っている選手は周知の通り、この夏の移籍市場の主役となっているエメルソンとフランチェスコ・トッティ。
スポーツナビ

一体どこに使うんでしょうかねぇwってかレアルって実際のとこ経営状態ってどんなもんなんでしょ?

小野!オーバーエージ確定?
中田不在の中、ピッチ上でKINGとなった小野伸二がアテネに出場のようです。
サッカーのアテネ五輪代表の山本昌邦監督が3日、五輪に招集したいとするオーバーエージの3選手を既に選出し、フル代表のジーコ監督と日本協会の田嶋幸三技術委員長に伝えていることを明らかにした。
 田嶋委員長は5月末にオランダ入りし、フェイエノールトと交渉。そのため、この3選手の中にに小野が含まれている可能性が極めて高く、山本監督も「現在は田嶋委員長に(五輪参加の許可を求めて)所属チームと交渉を進めてもらっている」と話している。
nikkansports.com

個人的には何だか「谷間、谷間」と言われ続けてここまで結果を出してきた連中だけで最後まで頑張って欲しいんですがね・・・ってか五輪タイトルを取ることがそこまで重要だとは感じないんですよね。そんなことより、このメンバーで世界を戦う。そしてこの世代のレベルアップを図った方がいいと思いますがね。
3人オーバーエージで使ったらこの若いメンバーのうちせっかくの国際経験を詰めない人間が3人出てしまうってことですからね。まぁ小野が入るとして後はGKとCBですかね?もしくはFWかな?別に
     川島(哲也?www)
 徳永 阿部 那須
   今野 鈴木
石川       駒野(森崎)
     松井
   平山 大久保(田中 小)
これで十分なような気がするんですがねぇ・・・。
SUBに茂庭、田中(大)、根本、山瀬、坂田、森本・・・
あぁ。豪華wなんて思いますがw
平間新潟へw
こんな選手の近況ですw
J1新潟は2日、MF平間智和(26)が加入すると発表した。契約期間は6月1日から来年1月末まで。平間は横浜M、山形、仙台、横浜を経て、02年は札幌でプレー。「1日でも早く新潟のサポーターに顔と名前を覚えてもらえるように、頑張りたい」とコメントした。
nikkansports.com

そういえば札幌に行ったような気がしてましたが、私が札幌に来てからも「全く話を聞かないな・・・」なんて今思い出しましたが、2003シーズンはどことも契約してなかったんですかね?
何はともあれ頑張って欲しいですね。横浜で試合に出れない選手でも、鳥栖の本橋や大分の木島なんてかなり頑張ってるみたいですしねw
ビデオdeイングランド戦
朝の4時からなんて早すぎるので、録画の予約だけして本日ゆっくり観戦。マリ戦@札幌ドームで散々ビール飲んで来たサラリーマン(いや外資系ビジネスマンかw)に6時まで起きてろor4時に起きろというのは無理w
中村「今日は自然にやれた」
「最初の20分くらいまで、みんなボールを失うのが怖かったので、安全なパスが多かった。そういうときこそ、自分が起点にならなくてはいけない、と思った。少し落ち着かせるようなしぐさで、余裕のあるフリをした。そういうのがあると違うから。僕らの年代がそういう雰囲気を作らなければ、と思った。1点取られたけど、バタバタしなかった。遠くからシュートを打って、落ち着けた。後半は相手の足が少し止まったので、自分も動き回ってボールを回せた。前半25分までは、明らかに向こうがよかった。前半25分までのレベルでも点が取られず、ボールを回せるようにしたい。今回はある程度練習できたし、雰囲気にも馴染めたことが大きかった。マリノス、レッジーナ、日本代表と役割が違って、ここに来てやっとトップ下でやれてる。アイスランド戦は自分のプレーを探しながらやってたけど、今日は自然にやれた。伸二とのバランスもよかった。ケガで出てない時間が多かったので、代表は回りが日本人だし、やろうとするサッカーが似てるから。(フリーキックが決まらなかったけど)内転筋を治して頑張ります」
yahoo!スポーツ

たしかに前半の20分過ぎくらいまでは明らかにずっと攻め込まれてた。ってか良く海外にしか興味を示さない人とJリーグの話をすると「スピードが違うんだよ(-.-)」なんて声が聞かれるが、やっぱボール奪ったら一瞬でゴール前までやって来ますね。ワンタッチで前にポンポンつないで・・・(たぶん上野はバックワンタッチは上手いけどプレミアでは通用しないんだろうな・・・なんて思ったりwww)
失点のシーンはまぁいた仕方ないか・・・でもさすがあーゆとこをキチっと狙ってるのがオーウェンですねw
それよりゴールシーンを繰り返し放映している裏でかなりのブーイングが起きてたので、リスタートから一気に日本が攻め込んだのか?それともベッカム様が思いっきりミスキックでもしたのか?なんて思ってるとスタンドからピッチに乱入した人がいたようで・・・www
こーゆーとこで激しいブーイングが起きるあたりはいい感じですね。聖域を汚すものは許さんみたいな雰囲気が感じられてw
日本だと一緒になって乱入したり、騒ぎ立てる輩が多そう・・・w
日本は失点してから、だんだんまともにサッカーが出来るようになってくる。玉田が左足ミドルを打ったのを皮切りに中盤の選手がミドルレンジからどんどん狙ってくる。俊輔のアウトにかけた左足、立て続けに小野と惜しいシーンが続く。
後半になると俄然日本がボールをバンバン回せるようになってくる。攻撃には常に俊輔が絡むようになってくる。調子が上がってきている証拠ですね。得点もやはり俊輔から左のアレックに素晴らしいスルーパス。最後はフリーで飛び込んで来た小野へドンピシャの折り返しでゴール!
こーゆーとこでワンタッチでつなげると相手も捕まえきれなくなりますからね。これはホント流れるような美しい展開でしたwwwところが2トップを交代して試合は終わった感じ。柳沢も鈴木も意味分からん。柳沢は確かに動き出しは素早くスペース見つけてなかなかいいんだが、いかんせん当たり弱いですね。
まぁイングランド相手にドロー。これで誉めないと日本も調子乗りすぎってことでしょうwそれよりも
20040602ina稲本が危険です。
1日のサッカーの国際親善試合、イングランド代表戦で負傷退場した日本代表のMF稲本潤一(24=フルハム)が、左脚の腓(ひ)骨骨折で全治3カ月の重傷を負ったと診断された。2日、マンチェスターで日本サッカー協会が発表した。
nikkansports.com

やっぱイングランドでやってるからか、稲本張り切ってましたからね。ってか中田と同じくらい当たり負けしませんからね。この人は。まぁインド戦は無理みたいですが日本の中盤はタレントだらけなので全く問題なし。
ちなみに3バックはほぼ完璧でしたね。坪井も宮本も中澤も素晴らしかった。特に後半はイングランドが前線にボール入れようとするところに素早く当たりに行くってのが徹底されてて良かったです。
タイミングみて宮本や中澤が上がったりしてたしw
この調子でインド戦サクっと頼むよーw
いまいちなマリ戦
maristart.JPG 日本代表が札幌にやって来るwってことで札幌ドーム行ってきましたw
ってか平日ってのはどうしてもスーツになるんでキツイ・・・しかも仕事後にギリギリ行くことになるので席がない。
あぁ東京方面なら誰かしらお友達が先に行ってるのに・・・やっぱ札幌だと孤独だわwなんて思いながら、札幌ドーム到着。いやー代表の試合なんてスタジアムで観るのはいつ以来だろう。思い出せない・・・なんかジーコ就任当初に上野が選ばれて「上野出せー!」って思ってた記憶があるから2002年シーズンオフくらいには行ってるはずw
チケットはもらいもんでアウェー側と記されている。いちお席は余ってるが、どうも周りは応援しそうにない雰囲気・・・別に代表の試合でガッツリ応援したい気分でもないが、せっかくスタジアムでゴール裏にいるんだから、少しくらいは歌ったりしたい。
国立ならホーム側アウェー側問わずに何かしらの団体が太鼓叩いたりしてるが札幌だとさすがにホーム側ULTRAS NIPPONと思われるゾーンのみ。かなり限られている。ってか人数は少なくとも札幌の試合の方がよっぽどゴール裏の力強さは大きい。そんな状態なんでアウェー側なんてこんな感じでみーんな着席ですw
mariaway.JPG
(注:無論これは試合中です)

試合内容はハッキリ言って眠くなる内容。ってかシュートが打てない。だから盛り上がりにかける。私と同行したサッカーどどどどど素人の友人はこっくり来てましたw無理もない・・・w
前半の最後に高松が裏に抜け出してキーパーと1対1になったがこれもバッチリ外す・・・
「何でそれ外すーーーーーーー?」
後半からは選手を大幅に変更。坂田をやや下がり目にして、大久保をトップに投入。「あー坂田はそーゆーのダメだって!裏に抜け出すしか出来ないんだから!」でも坂田は前半からかなり前線を動き回ってました。高松がまったく動き出さないので、坂田がすごかったです。ってか試合を通して一番くらいの運動量だったんじゃないっすかね?
私は良く走り回ってたと思いますwで、下がり目な役目として大久保への浮き球スルーパスは絶妙だったw
あれは大久保も上手く打ったんですがキーパーが左手一本で防ぎましたからね。仕方ないですw
失点シーンはCKで選手を捕まえきれなかった為に許した失点。ファーに流れてきた選手を今野でしたかね?ついてたのは。フリーな状態にしてしまいました。
後半途中からはファンタジスタ松井投入。やはりファンタジーを魅せてくれるwゴール前大久保への絶妙なスルーパスは最高でした。DFの股を抜きながらズバズバ!っと大久保の足元へ。それを落ち着いてシュート。最高のパスとそれを確実に仕留める決定力。まぁこのシーンを見れただけで良しとしないといけないですかね。
他には今野は相変わらず良く動き回ってました。彼のファールにならずにボール奪う能力はいいですねw
結果としては1-1.
U-23はいつも楽しませてくれるのでやや物足りないゲームでした。まぁ平山、田中(大、小)がいないってのは残念でしたがw

marilast.JPG
試合終了後は何故か「コンノ!」「ヤマセ!」コールが送られてました。ってか試合中も含め明らかに他の選手よりこの2選手への声援は絶大なものでしたw恐るべし地元愛w
ってか札幌時代の今野の断幕と思わしきデザインのものや、「札幌はいつでも見守ってる」(だったかな?遠くて良く読めませんでしたがw)なんて書かれた今野断幕なんてものまであったりして、普通なら私達が波戸に対して「どんな仕打ちをしてやろうか?w」等と考えるように逆に憎しみさえ抱きますがw自分達の愛するチームを去っていった者にまで、今だ愛を注ぐってのはすごいですね。(まぁ山瀬や今野がどういう理由で去ったのか良く知りませんが、どうせ「もっと高いレベルでやりたい」とかそんな感じなんじゃないんですかね?)
結論:土曜日のJ2湘南戦、日曜日のサテライト横浜戦、そして今日のU-23マリ戦を見て強く感じたことは「札幌は地元愛が強い」って感じですw


大人気久保!
20040601kubo.jpe
「プレミアの強豪が久保をマーク」らしいですw
日本代表は、1日午後8時(日本時間2日午前4時)世界ランク12位のイングランドに挑戦する。12日開幕の欧州選手権を控え、欧州各クラブ関係者や代理人が大挙押しかける注目のカードだが、プレミアリーグの強豪クラブが久保視察に訪れることが31日に判明。4試合連続得点中の“和製アンリ”の存在がクローズアップされてきた。
イングランド戦に足を運ぶクラブはアーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールの上位4チームはもちろん、日本人獲得の意欲を持つトットナム、チャールトンなど。そこで熱視線を浴びているのが久保だ。
スポニチアネックス

右膝が使い物にならないくらいの怪我なのにこの結果は素晴らしいですよね。ってか両ゴール共に素晴らしかった・・・でも彼の性格的に日本でもやや言葉の壁があるのに、更に言葉の通じない外国でのプレーなんて大丈夫なんでしょうかね?w一抹の不安を覚えますw
サテライト横浜ー札幌戦
「マリノスが札幌にやって来るw」
札幌へ左遷されてからコンサドーレがJ1に上がるという奇跡が起こらない限り実現しない、いわば果かない夢と諦めていた私。
しかしサテライトリーグの存在を忘れていたwどうやって組み合わせを決めてるのか知らないが、上手いこと今シーズンは横浜と札幌が同グループらしいw
ってことで、横浜は長居でナビスコを戦い、札幌はホームでJ2を戦った翌日の5月30日、白い恋人サッカー場で横浜VS札幌という夢に見た対決が早々に実現することになったw
「サテライトなんて普段のトレセンみたいなもんでしょ・・・」って感じで到着するとなんと入場門には長蛇の列が・・・!しかも皆ユニ着てる!!!!
恐るべし札幌サポーター・・・
まさか太鼓とか叩いて本格的に「サッポーロ!」とかはやらないでしょ・・・なんて思っていると
20040530sapo.JPGバッチシ旗まで振ってましたw

アツイです。きっと昨日も札幌ドームで激しくサポートしたであろう方々はようやく8連敗を脱出(といっても引分けですがw)した喜びが冷めやらない様子でコールを続けます。
まさか横浜サポーターなんていないだろう・・・なんて思っていると。。。いましたw
20040530kawai.JPG恐るべし河合竜二応援団・・・

いやー驚きです。長居へ行ったお友達の話によると「勿論長居でも掲げられていた」ようです。ってかまさかサテライトの為に大阪から札幌まで来たんでしょうか???
「U-23のマリ戦がメインでたまたまサテがあったから」とかでしょうかね?そうでなければある意味恐ろしい・・・w
メンバーは昨日も試合に出た安永、隼磨、大橋に加えてベンチにいた下川、そしてこの日はキャプテンマークを巻いて河合がスタメン。
スリーバックの真ん中は金子。。。恐ろしく小さく見えました。左CBには尾本。これが危なっかしい。ひじょーに頼りないです。前にフィードしても、もの凄く「適当」に蹴るだけだし・・・いくら左利きのDFは貴重とは言えこのままだと来年の契約更新はありえないでしょう・・・
トップ下に山瀬弟が入って、2トップには北野。ファンタジスタ大橋はボランチの位置。ってか大橋はそんなとこでプレーしないでもっと攻撃させてやってくれ!!!
試合は開始早々に新居のミドルシュートが豪快にネットを揺らして先制される・・・ってかペナルティエリアの外だと中央でもほとんどプレッシャーかけないため「そりゃシュート打つだろうよ」って感じ。
でもいつもの新居ならバーの上に見事外すんですが、こーゆー時に限ってバシっと決めるのが不思議wJ2の試合で決めてくれよw
展開としてはお互いに適当に前へ蹴るって感じで、崩すといった感じが見られない。どれもプレーが雑!ただ、隼磨と河合あたりはまともなプレーをする。私と同行してくれたサッカーどどどどど素人の友人も「なんだか7番(隼磨)は上手いような気がする」との評価w
マリ戦にも行くことになっているので「見る目があるねぇw彼はもうちょっとでマリ戦に出たかもしれなかったんだけど、メンバー外れましたw」
やや眠気も覚えて来るとゴールを決めたwww保崎って子らしい・・・知らない・・・でも少数精鋭(3,4人w)のマリサポ一派からは即座に「ホサキ!」コールがw
恐るべし!!!なんでそんな選手まで知ってるんだーーーーー!私の横浜愛もまだまだだとつくづく感じました。
ってかサテライトだろうが、アジアだろうがどこでも追いかけていく人はいるんだと。私のように札幌に左遷されたことを理由にろくにスタジアムへ駆けつけない人間は「愛」といった言葉を使うには恐れ多いですね。・・・でも愛してる・・・w
後半開始早々にもキーパーがこぼしたところをまたしても新居に決められる・・・
「お前それJ2で決めろって!」「お前が決めないからダントツビリなんだぞw」なんて思う余裕もなく、固まって見つめてる私の横で喜ぶサッカーどどどどど素人の札幌市民の友人。
「札幌市民として喜べって!」と肩を叩いて来る友人をシカト。イライラが募る・・・あー単なるサテライトなのに・・・w
俄然叫びたくなる。レフリーがハンドを目の前で次々と流す。「ごらぁハンドだろーがぁ!」と叫びたいが我慢。「たかがサテライト」
後半途中から阿部投入。大きな拍手で迎える。ポジションはやや3トップといった感じだが、トップ下1.5列目といった具合か。北野と安永、サイドの隼磨あたりをを使いながらも自らゴールを狙わなければいけない仕事だろう。
しかし全く気迫が感じられない。なんでこの男はいつもこうなんだ?若々しい貪欲にゴールを奪う姿勢が全く感じられない。阿部は普通の2年目の選手じゃない。横浜の多大な期待を背負ってる選手。
もっと魅せてくれ!弱気なプレーなんてしないでくれ!山崎のように「オレが決める」って感じるプレーをしてくれ!結果はまだどうでもいい。例えシュートが枠を捉えなくとも「強引に打つ」ってことをやって欲しい。
まぁ最後の方は多少ゴールに向かうプレーも見られましたが、まだまだキレイにまとめようって感じがするんですよねぇ。
結果として2-1でJリーグ王者がJ2最下位チーム(ちなみにこの試合までサテライトでも無得点だった札幌w)に敗戦。
「お前らチャンピオンの誇りはあるのか?」と言いたいがこれは所詮「サテライトリーグ」
20040530end.JPG
こんな試合どうでもいいから、あと4つ全部勝ってくれよ!


そう。河合、隼磨あたりは残りの4試合で必ずピッチに立つんだろうから頼むよ。
試合後には札幌サポーターから「いやーまさかマリノスに勝つとはねぇ」なんて声がw
「いや、サテライトですよw」と心の中でつぶやく。しかし札幌側はJ2第3節仙台戦に3月末に勝って以来の勝利に興奮が収まらないw
「俺達の勝利だー!つよーいぞ!つよーぞ!」と札幌オンリーで流れているのであろうローカルCM?でお馴染み石屋製菓CMの歌がスタジアムに響き渡る。
最後には「F・マリノス!」コールまでも札幌サポーターから送られる。
「なんだかけなされてるみたい・・・」と感じるのは敗者のヒガミだろう。
また試合後の最後まで札幌側からも「ディド」コール来てました。ハーフタイムの練習中にディドが相変わらず激しくやってるので、友人とディドについて話をしていると隣のご老人より「いやぁ懐かしいですよね」と声をかけられる。
「あ、僕札幌市民なんですけど、横浜の人間なんですよw彼殺人鬼ですw」
まぁ、トップの試合でない限り、隣同士でも他サポと共存出来ますからね。サテライトであれば
重要なのは勝ち負けだけではないですからねwサッカーを通じて見知らぬ人と一言でも会話が出来る。これは素晴らしいと私は思いますw
ちなみにこの日の「白い恋人サッカー場」周辺の写真はマイフォト「北国の生活」に観光気分でアップしまくりましたので、お暇な方は是非ご覧あれw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。