北の大地からF・Marinosを追いかけて
北の大地札幌から一刻も早い横浜永住を夢見る管理人がマリノスへの想いと北国の生活を綴るBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
石川はあっさり断ったんですね
何をみて石川を欲しがったのか知りませんが、セリエの目も細かいトコまで見てるなぁーなんて思った石川へのオファーですが、あっさりとお断りしたみたいですね。

石川は「チャレンジしたかったが、(F東京から)現在の状況を説明され、チームをいい方向に持っていきたいと考えた」と残留を決めた理由を説明。
スポーツナビ


何か別に世界にアピるような試合はなかったかと思いますが、イタリア人はJの試合もちゃんとチェキってるんですかね?
彼は大昔からいい選手だと思ってたんでちょっと残念ですが、何か代表に選ばれたり、海外から声かかったりするとつくづく「何で横浜はせっかく育てた選手を簡単に手放したのかねぇ」なんて思いますねw
まぁ今の横浜だとポジション的にはないような気はしますが。
スポンサーサイト
忘れてた頃に到着するチケット
何だか私が参戦出来ていない間に横浜は3連敗とかしちゃって、気持ちが下降気味な今日この頃ですが「なんだこのチケットは?」ってくらい買ってたのを忘れていたチケットが北の大地にも届きました。
まぁ横浜が中国でやられた瞬間に興味が0になった大会なんですが、やっぱジャパニーズマネーがあるからこそ開催される大会かもしれませんが、一応南米と欧州だけじゃなくクラブの世界一を決める初めての大会だし、もしかしたら50年後くらいに「あの初代王者が決まる瞬間に立ち会えた!」なんて誇らしく語ることが出来る可能性が0.0001%くらいはありそうなんで、せっかくだから決勝くらいは見とこうかな・・・なんて思ってますw
ってかキングカズはこの大会に出てたかもしれないみたいですねw

サッカーJ2の最年長ゴールを更新した横浜FCの38歳ストライカー三浦知良が、今年12月に日本で行われる6大陸王者決定戦「サッカー世界クラブ選手権」出場の“オファー”を断っていた?!
ZAKZAK


開催国なのに日本のチームは出れないんで、せめてキングカズが出てくればまた面白いんですが、まぁ彼は横浜FCでがっつりやってるわけですから仕方ないっすね。

白樺の雫
left土曜日は本社で研修だったので、帰郷していたにもかかわらずエコパには行けず・・・。だいたいうちの会社はなんで休みの日に研修なんてものをやるんでしょうかねorz。
一体私は最後にマリノスを見たのはいつだろう・・・と記憶をたどるとボコボコにされた東京戦@味スタみたい。
1ヶ月以上も触れられてないと何だか遠い世界の話のような感じになってしまいます。
ってことで、マリノスの話は置いておいて、金曜夜に帰郷する際にいつものエアドゥなら「使用機到着遅れにより出発遅延」なんてのはもはや当たり前になってきておりますが、今回は会社の金なので天下のANA様を利用したのに「使用機到着遅れ」で30分も出発が遅れたので空港で暇を持て余して売店を見てると何やら変な飲み物が売ってました。
「白樺樹液100%使用!白樺の雫」です。280円くらいと若干高めなんですが、ネタになるかと思って飲んでみましたが何ともリアクションのとりようのない味でした・・・。
水が若干甘みがあるみたいな。まぁ美味くはないんですが、健康にはいいみたいなんで、これで明日の健康診断は肝臓がどうとかで再検査なんてことは回避出来ますでしょうかねw
阿部も今野も一応出たんで満足かな?
やっぱ予想通り最後の最後で申し訳程度の交代でしたが、一応昨日書いた通り観たかった二人が無事に出てきたので満足ですw
プレーの時間は短かったですが、出てきたってことはこの二人は今後とも代表に残って来るってことを証明してる感じですから、ひじょーに楽しみです。
試合は前半は何だか日本がいいようにやってた感じでした。ワンタッチでパスがポンポン回ったり、2トップの絡みも玉田がスルーして大黒がズドン!みたいなシーンあったりで「久しぶりに面白いジャン!」みたいな印象でした。
後半は若干疲れてきたのと、イランが殺気立ってきたのでかなりガチっぽくなってきましたね。最後の方なんて消化試合とは思えないような感じでした。
まぁ失点したのはいつまでやるんだ?的なダエイが強かったってとこですかね。ついてたのが中澤だったんで、何とかして欲しかったですが、まぁあそこまで行かれたら倒しちゃうのもしゃーないですかね。
後は大黒の気持ちが現れてたのが印象的でした。最後の最後までボール追っかけてましたからね。1点勝ってる、W杯は既に決まってる。そんな状況でもキーパーにまでもどんどんプレスかけにいく姿が非常に良かったです。久保が戻ろうと、高原が来ようと俺がドイツに行くんだ!って気持ちが何か伝わって来ましたね。ってそんなこと思ってるかどうか知らないけどw
あとはレフリーが私的にはいい感じでした。しょーもないファールはどんどん流す。ちょっとやそっと当たったくらいじゃ笛は吹かない。でもアウエーチームだろうが、PKはキチっととるよ!みたいな。
選手が倒れるたびにピッピピッピ笛吹いてたらサッカーにスピーディーさがなくなってしまいますからね。
まぁ結構流しまくるんで選手は苛立ってたかもしれませんがw
観てる方としてはあれくらいがちょうどいいかなーって感じました。
ってことで、これで晴れて1位通過ってことになりましたが、振り返ると結局負けたのってイランのアウエー戦だけなんですよね。
アジアカップも優勝しちゃうし、W杯予選は1敗だけであとは全部勝っちゃうし・・・。これもジーコマジックなんですかねぇw
ま、今まではアジアの闘いで勝ち抜いてるだけですし、コンフェデではやられたわけですからね。挨拶でも言ってましたが、この10ヶ月有意義に過ごしてドイツではビシっとした結果を期待したいですね。
やっぱり元に戻るんですね
明日は消化試合のイラン戦なんですが、ジーコは海外組はいないとはいえ思いっきり国内の「いつもの」メンツで行くみたいですね。

ジーコ監督(52)は17日のW杯アジア最終予選・イラン戦(日産ス)のスタメンについて、7月31日の東アジア選手権・北朝鮮戦で先発した従来の主力組で臨むことを明言した。
SANSPO.COM


なんだか相手さんも観光気分をかもしだしながら来日してるみたいですし、せっかくだから阿部と今野は見てみたかったですね。
まぁFWは恐らく途中で変えるんでしょうから巻の出番はあるんでしょうが、その他の交代はどうなんでしょうねぇ。あまり早い時間からの交代ってのはしない人ですしね。
なんか福西と遠藤がボランチなんでしょうが、面白味がないんですよね。阿部がいればFKのチャンスってだけで観る気になりますし、今野がガンガン中盤でボール奪うのは見ててなかなかスカっとしますしねw
まぁ勝ちに行くのは当然なんですが、面白味のあるゲームを魅せて欲しいですね。
2分で逆転!
聖地厚別で札幌が見事な逆転勝利です。
本日の札幌はこれでもか!ってくらいの晴天。思いっきり夏!って感じでした。そんなムードに誘われて、暇を持て余す私は厚別行ってまいりました。仙台はなんかちょっと寂しくなった感じですね。以前は札幌にももう少しサポーターが来てたような気がしますが・・・まぁ野球チームも出来て、いつまでもJ1に上がる兆しがなければサッカー人気も下がっていくんでしょうかね。
前半はものすごくしょーもないサッカーでした。多分シュート0じゃないかな。デルリスっていうガイジンがFWで新しく入ったっていうんで、楽しみにしてたんですが、プレーする機会がないんです。
まぁ風が強いってのもあったんでしょうが、ハイボールはどっかいっちゃうし、強引に前に送ってもすぐカットされて反撃されるって感じで全くもって得点が入りそうな気配がありませんでした。
後半に入って早々からやっと攻め立れるようになりましたが先制は仙台。スパーっとセットプレーからやられましたね。
ただ若い人が多いからなんでしょうか、行く時は一気にドバーって行っちゃうって感じで残り8分っていうとこから、一気に連続得点で逆転して勝っちゃいましたw
サッカーの内容としてはいまいちでしたが、見事に逆転して勝っちゃうあたりはココ最近の強さを感じますね。ってかレフリーがしょぼいんです。やたらとピッピピッピ試合止めるしさ。だいたいファールの基準が明らかに選手が倒れたかどうか?ってとこで吹いてるとしか思えないんですよねぇ。
デルリスなんて高桑にパンチされたのにお咎めナシです。ゴール前の際どいプレーで交錯してお互い倒れたとこで、高桑が先に立ち上がって、まだ寝っころがってるデルリスに上からパンチですよ。
これは速攻で赤出して退場ですよ。まぁ主審の位置からは見えなかったのかもしれませんが、アシスタントからは間違いなく見えてましたからねぇ。何もカードが出ないのが信じられません。
他にも2点目の直前のプレーでクロスに飛び込もうとした選手(誰か忘れたけどw)が思いっきり後ろから押されて倒れたんですけどね。PKじゃないの?って感じでした。まぁ結果的にそのプレーで得たコーナーから逆転弾が入ったんですがね。どっちがホームなのよ?って笛が多かったですねw
ところで我らが金子勇樹ですが、「ゲームに出てるのかな?」って感じで存在感まるでナシでした。前半に一つ上手く体寄せて危険になりそうなシーンを守ったってのはありましたが、全然ゲームを組み立てるようなプレーが出来てなかったですね。
ってか残り10分で石井君って人に変えられて彼がシュート打ったこぼれ球で点入りましたw
この選手はまだ19とかなのかな?それくらいなんですが、どんどん攻めよう!って気が溢れてて良かったですね。まぁ金子は下がり目で守りの役割が大きいってことでポジションは違うのですが、金子にもどんどん前に飛び出したり、ミドルシュート狙うとかってプレーを見たかったですね。この石井といい上里といいなかなか期待大なティーンネージャーですw

やたらと日差しが強いなぁ・・・とは思ってましたが、時計をとったらこんなになってましたorz。夏のサッカー観戦はお肌のケアも必要ですねw
クラブとサポーターの理想の関係はどんなんでしょうね?
大分でサポーターズカンファレンスなるものが開かれたようですね。

大分は10日、大分市内でサポーターズカンファレンスを開き、抽選によるサポーター24人と経営陣6人が意見交換を行った。(中略)今回の開催は9戦未勝利となった7月の新潟戦後、数百人が敗戦に抗議したことを受けてのもので、クラブは今後も定期的に行うと約束した。
日刊スポーツ


少し前のサッカー批評に大分の経営について取り上げられてたのでちらっと読みました。東大法学部出身の総務省のキャリアさんが一転して地方の小さなサッカークラブの社長に就任して相当な頑張り具合が取り上げられてました。サポーターリーダーグループともいい関係が築けてるような印象を持ちましたし、今回も「あぁちゃんと低迷している状況について説明責任を果たしてるいいクラブだなぁ・・・」なんて思ってましたが、実際は大分の方々からしたらこのカンファレンスにもそうですが、フロントにもかなり不満噴出みたいですねw
さらっとネットを見ただけなんですが、こんな感じで物申されてます。
横浜が降格しそうだった時って何かあったかな・・・何も記憶にないなw
この前のFC東京の灰皿事件の後もSOCIOとフロントで色々とやり取りがあったみたいですけど、クラブとサポーターが理想的な関係を築いてるチームってあるんでしょうかね?
東京とか大分とか新潟とか柏とかは何となく傍から見ると一見いい感じに見えますが、実態はやっぱそうでもない感じですし。そうすると浦和、鹿島あたりがやっぱいい関係なのかな?
横浜も極々一部の方はフロントとお話出来てるみたいですが、どーも全体的にでっかい隔たりがあるような気がするんですよね。これだけの大都市で、これから更にビッグクラブになっていくんであれば良好な関係を築いていくのは更に難しくなると思うんですが、どこか上手い事やってるとこはないんでしょうかね。
ビッグネームはどうしたんでしょうねぇ。
サビオラだぁーなんだーって話がありましたが、結局はグラウで収まったんですね・・・

横浜F・マリノスでは、新外国籍選手として、グラウ選手(ジュビロ磐田)の移籍加入(完全移籍)が決まりましたのでご案内致します。 
背番号は19番、契約期間は2006年1月1日迄となります。
オフィシャルニュースリリース


補強費用になるはずのバルサ戦で思い通りの収益が上げられなかったんでしょうかねwまぁ確かに実績あるっちゃーありますが、爆発的なFWってわけでもないですしねぇ。
それにお隣韓国で実績は証明済!横浜も対戦して間違いないと踏んだ?アデマールがろくに試合出ないでいなくなっちゃったんで、実績ってのも大してアテにならん気もしますがね。
ってか集客力も含めたビッグネームはどうなったんでしょうかね?
やっぱいつまでも夢追いかけててもしゃーないから、まず今年のリーグの危機的状況を打破するために、取り合えず的な補強って感じでしょうかね。
確かに今の状態だと前の選手が外しまくってる中、ボンバーとか栗原の方が点取れるっていう状態ですから早急に手を入れる必要はあるんですよね。
ってことで、ちょっと期待はずれなとこがありますが、来年もアジアへチャレンジするには目の前のリーグ戦を勝たないと仕方ないですから納得しましょうw
こんな代表の方がわくわくしますね
7時を過ぎても依然見積を作りまくりながら「あぁサッカー見れねえなぁ・・・」なんて思ってたら、「じゃあ帰ってサッカー見るわ」と上司が8時前に帰宅したのを見て、「今日のキックオフは8時20分なんじゃん!」って気づいて速攻で何とか前半の途中から観れましたw
札幌のいいところは、会社からドアtoドアで最短15分のところに住めるとこがあります。東京じゃあそうは行きませんからね。
で、前半はかなりいい場面作ってましたね。今野がかなりいい感じでした。ちょうどこの前の横浜戦の時の彼のような感じで、中盤では「ボールあるところに今野あり」って感じで上手く効いていたと思います。
対して後半はどうだったんでしょう?このあたり今野のコメントにも表れてます。

「自分の持ち味である玉際とかボール奪うことは前半はできたけど、後半は崩すのが難しかった。前半と後半で別のサッカーをしてしまった。
(中略)後半はボールをもらったときにトップに当てようとしたら、トップの前に中国のDFがごちゃごちゃいるんで(パスのボールを)差し込めなかった。前半は相手も攻めてきてくれて、自分も守りもできていい感じでしたけど、後半は(中国が)守っちゃうんで、後半の方が緊張してしまった」
スポーツナビ


後半に巻を下げて大黒&玉田を入れた意図が分かりませんね。
スピードスターを並べれば足が止まりつつある中国のDFには有効だと判断したんですかね?
田中達也、玉田、大黒と3人が並んでも有効なトライアングルが描けるとは到底思えませんがね。裏をバンバン狙うって意思統一が出来てるなら、それはそれで戦術なんでしょうが、そうでもない。
3人並べるんなら同じタイプよりはターゲットとなる選手が一人いた方が有効的な攻撃を作れるんじゃないっすかね?
ボール持ったらまずはターゲットを観ろ。当てろ。その周りを田中達也&玉田&2列目の選手でフォローしろって攻撃なら理解出来るんですが、巻を下げて素早い攻撃が出来なくなってる感じでした。
後ろで横パス連発するとかね。
ほんとロスタイムはドローで万々歳だから時間稼ぎやってるのかと思いましたよ。
何で後ろで横パスしまくってるのかと。
出すとこ(スペース)がなかったんでしょうね。そりゃ10人が退去して引いてれば中国の後ろにスペースなんてなくなるでしょうね。
そうなるのは明白であって、そういう状況でも空中戦に競り勝って、落としたところからチャンスを見出すって攻撃の仕方しかないと思いましたが、神様は一体どういった攻撃をイメージされたんでしょうかね?
まぁ元々スタメン総とっかえしてるくらいですから、今大会はテストの場と位置づけたんでしょう。それはそれで全然いいと思います。
田中達也の突破とか無論あのゴールも冷静に左足はかなりいいです。あとは駒野、今野、そして元々代表レベルだと思ってる阿部は良かったですね。
阿部のFKは俊輔と同レベルだと思ってるんで当然なんですが、それ以外でもプレーの一つ一つがとても落ち着いてるんですよね。
まぁ日本には中盤は豪勢な顔ぶれが揃っているんで難しいかもしれませんが、やっぱCBよりは攻撃にも絡む位置にいる彼は好きです。
頑張って欲しいですね。後は加地&アレック以外にもサイドの可能性があるってのが証明出来たのがいいですね。
今回の駒野&村井もかなりやってくれました。ジーコも無条件で決めるのは止めて欲しいです。
駒野左も出来ますし、横浜にも素晴らしい右サイドがいるので、是非試して欲しいですよねw
ってことで、結果は最初から捨ててるって前提なら今日の試合はわくわく出来て大変良かったって感じですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。