北の大地からF・Marinosを追いかけて
北の大地札幌から一刻も早い横浜永住を夢見る管理人がマリノスへの想いと北国の生活を綴るBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
流氷ツアー2~IN網走~
20050206163704s.jpg朝飯を食べ終え、バスを待っていると全く着そうな気配がないため問い合わせてみると朝一の船が欠航になったのでバスも出ないとのことorz。取り合えず駅にいてもしゃーないので、ターミナルまで雪の中てくてく歩いてみる。人っ子一人いないようなところを30分くらいかけて船のターミナルへ到着すると、朝一の臨時便だけでなく午前中の便は立て続けに欠航とのこと・・・。「流氷見れなかったら一体ココまで何しに来たんじゃー!」って感じでしたが、取り合えず周りを散歩してみると

20050206164042s.jpg船はバッチリ待機してます。

20050206164230s.jpg海も壮大ですが穏やかです。
何でそんなに風もなく天気も悪くないのに船出せないんだーと思いながら歩いているとこんなものがw
20050206164418.jpgs   20050206164504s.jpg
落ちたら助ける気はないみたいですw
確かに周りはちょっと流氷の子供みたいなのがたくさんあるので、乗り出して見てみたい欲求にはかられるんですけどね。死ぬから乗り出すなよ!ってことなんでしょうw

20050206165154s.jpgいつまでもターミナルで待機しててもしゃーないので、午後の便へ予約を変更して、取り合えず網走といえば刑務所!ってことで本物の刑務所の方行っても、中は見せてもらえないらしく博物館の網走監獄へ行ってみました。

20050206165523s.jpg網走刑務所名物?のニポポなんてものもありました。同行した私の会社の同僚はこの木彫りのニポポの置物(900円)を購入しておりました。一体何に使うかは不明ですwちなみに何でも願い事が叶うようです。

20050206170302s.jpg
こちらは当時動く監獄と呼ばれたらしい休泊所のようです。道路を作る作業の中で作業場の近くに仮の宿舎みたいなものを進行度合いに応じて都度作成してそこに寝泊りしたようです。南国ならこんなものでも十分でしょうが、ここは網走ですw凍え死ぬんじゃないか?って思いますねw

20050206171418s.jpgこちらが放射状の獄舎です。真ん中に見えるのが見張り台です。見張り台からは全ての獄舎が見える・・・ってのは分かりますが、5方向から一斉に脱獄しようとされたら対応出来ないような気もしますがw

引き続きまだ船は出てないというので、せめて流氷の気分を味わっておくためにオホーツク流氷館へやって参りました。
20050206172822s.jpgこちらがクリオネ君です。アップで見るとこんな感じです。ここは中々良かったです。本物の流氷を見れるってことで-18度の部屋にも入ってみました。濡れたタオルを振り回すとその場でこんな風に凍ってしまいましたw運がいいと流氷の上でこんな感じでまったりするアザラシ君が見れることもあるらしいです。またミニシアターで流氷に関する映像を見終わると、「やっぱ本物を見せろー!」って想いが再度湧き上がって参りましたwちなみに流氷ソフト(300円)はびみょーな味であまりオススメは出来ませんw

観光を終えて土曜だってのに全く人気を感じない商店街で何とかやっている鮨屋を見つけ昼飯を食べ終わり、再度お問い合わせをしてみると14時の便は出航するとのことwキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って気分で舞い上がりいざ乗船!
20050206175228s.jpg船内の感じはこんな感じです。何か写真ではめちゃめちゃガラガラじゃんって気がしないでもないですが、これは私たちがいち早く情報を察知して早めに乗船したからです。出航の頃には満員御礼な乗船率でした。まだ出航していない船内からもこんな風な流氷の子供みたいなのが周りにありました。なぜ船の周りにだけあるんでしょうか・・・?出航出来なかった時に備えた観光客対策のための人工流氷なんでしょうか?w

20050206175915s.jpg沖まで突き進むとついに流氷に無事に遭遇しましたwこれは大自然の神秘を感じますね。いちめん流氷です。海が凍ってます。素晴らしいですね。ちなみに船の周りにはもの凄い鳥(カモメ?)が押し寄せてきますwこんな風に観光客が餌あげるのでそれを狙ってます。上手いこと低空飛行して「バクッ」と食べて飛び去っていきます。面白いですw

最初は「せっかく来たのに流氷みれねーんじゃねーか?」なんて心配しましたが、無事に観光出来て何よりです。帰りは夜行ではない特急オホーツクで約5時間かけて札幌へ!網走地ビールを飲みながらホタテニポポを肴にして一杯やりながら帰還。やはり北の大地の自然は魅力的ですね。冬は雪まみれなんで今度は夏に世界遺産になるかもしれないらしい知床あたりの神秘を堪能しに行きたいと思っておりますwその前にACLでタイ行きたいんですけどね・・・平日にやられると困るさorz
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fmarinos.blog4.fc2.com/tb.php/112-2e5d3d23
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。