北の大地からF・Marinosを追いかけて
北の大地札幌から一刻も早い横浜永住を夢見る管理人がマリノスへの想いと北国の生活を綴るBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
コリーナさんは来た方がいいっすね!
前々から是非是非来て欲しいと思ってたイタリアのコッリーナさんですが、日本に来るってこともなきにしもあらずみたいな感じらしいですね。

Jリーグが世界最高の主審と評価されているイタリア人のピエルルイジ・コリーナ審判(45)の招へいに動くことが4日、明らかになった。鈴木昌チェアマン(69)が近く日本サッカー協会審判委員会に要請する。
スポニチ


ホント開幕戦からしてそうでしたし、こないだの名古屋戦も疑惑のPKでしたしねぇ(笑)
当然レフリーも目は二つしかないわけで、見逃すこともあるでしょうし、ミスジャッジもすることもあるかと思いますが、ゲームの結果を左右する判定でミス(か故意かは知りませんがw)があると選手もサポーターもやり切れませんからね。
こーゆー優秀なレフリーがJで笛を吹いてくれれば、かなりレベルアップにつながると思いますね。
でも相変わらず鈴木さんのこーいった考えがいまいちなんですよね。

鈴木チェアマンは「Jリーグの審判レベルは低くないが、審判はとかく文句を言われがち。コリーナ氏が笛を吹けばファンにも審判の権威が理解してもらえる」と話す。


確かに家本があの時間帯のあの場面で横浜にPKを与えて名古屋の選手を退場にしたから、嘘臭さが漂いますがコッリーナさんがそうしたら「まぁそうなんだろ。」みたいな妙な納得感はありそうですけどね。
でも、こーゆー言い方は「彼が笛吹けばお前らもガタガタ言わないんだろ?」って言われてるみたいでむかつきますねw
文句を言われるのはミスを認めずに「あれは正しいジャッジだった!」とか言うから文句言われるんだと思いますがねw
何にしても年間云十億も儲けてるなら、その利益のごく一部でも使って是非コッリーナ氏を招聘して欲しいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fmarinos.blog4.fc2.com/tb.php/213-e774c603
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。