北の大地からF・Marinosを追いかけて
北の大地札幌から一刻も早い横浜永住を夢見る管理人がマリノスへの想いと北国の生活を綴るBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
7得点で満足?
やっとまともな結果出ましたジーコジャパンw

20040609kubo.jpg ドラゴンらしいボレー炸裂
サッカーの06年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア1次予選3組の日本は9日、埼玉スタジアムでインドを7―0で降し、3連勝の勝ち点9でトップを守った。中田英(ボローニャ)、稲本(フラム)、高原(ハンブルガーSV)ら主力を欠く中、日本は予選で初めて3バックを採用。前半12分に三都主のクロスを久保が決めて先制すると流れに乗り、以後は主導権を離さず、試合を支配した。
毎日新聞

キックオフから6人がゴール前になだれ込む奇襲作戦を練習していたようですが、キックオフからいきなりミドルシュートを打たれたのは日本。「おいおい。大丈夫かよ・・・」と大きな不安と共に始まった試合だが、終わってみれば7-0の大勝。結果は十分だと思います。1点目が良かったですね。ドラゴンらしいアクロバティックダイレクトボレー!これは素晴らしかった・・・。俊輔の3点目はそんなに「芸術」っていうほどのものでもないかと思いますよね。なんだか適当に壁越えて落とせば入るでしょwって感じで軽く蹴ったような感じ。コースもギリギリってわけではないし、俊輔の左足はもっと素晴らしいファンタジーを魅せてくれますからねぇw相手に合わせて確実に得点したってとこですかねwまぁかるーーく決めてしまうあたりがやはり「俺らの誇りウルトラレフティー」ですねw
後はゾルダーが意味不明。彼はなんで日本代表なんですかね?あの玉田がキレ込んで打った素晴らしいシュートを邪魔したら得点が鈴木ですからね。しかも代表での得点が「あの」ベルギー戦以来らしいですし・・・いいかげん柳沢もしかり、ハッキリ言って「海外でプレーしてるから代表」なんて馬鹿げた理論は捨てて欲しい。
今はアテネが間近なんで仕方ないですが、アテネが終わったら代表のFWは大久保、田中達也は当然として、さらには平山、森本あたりが来てもいいと思いますよ。ってか来るべき。久保以外のFWはどれも使えない。どーせ使えないならまだ将来有望な若い選手の方がいいですしね。
後は右サイドですね。左は本望でないですが、アレックがいちおそこそこやってますからね。サイドバックでは危ないですがウイングバックなら結構攻撃に重点置けますからね。
で、加地はなんだか中途半端なんですよね。クロスがいいのか?縦の突破にキレがあるのか?守備が上手いのか?どれも微妙。誰かいい選手いないですかねぇ。やはり石川ナオあたりか・・・?私的には波戸に期待したいんですがね。今年こそは怪我もしっかり治して横浜の右サイドを駆け抜けてくれると信じてたのですがね。ジーコは左にアレックを使うのは間違いなさそうなんで、波戸みたいに足メッチャ速くて守備の上手い選手は最適だと思うんですがね。ま、クロスの精度悪いし、自分でシュート打てないしって問題もありますがw
なんだか結論がまだ出ませんが、予選闘う中で「こいつは!」みたいな選手が出てきてくれるといいですねw真ん中は中田、中村、小野、小笠原、稲本、藤田、遠藤、・・・奥(ボソゥ)ってたくさんいるのでノープロブレムなんですがねぇwってかジーコ!奥もボランチあたりで使ってみるといい味だすぞー!(ま、今は怪我で大変ですがw)
あー最後にジーコ点入ると喜びすぎ!喜ぶのは点決めた選手とサポーターだけでいい。この試合って勝つことは当然でいかに得点取れるか?が問題な試合だし。
岡ちゃんはBinhDinh戦でいくら得点を重ねても「早くリスタートしろ!まだまだ点取れ!」みたいなゲキ飛ばしてましたよね。まぁW杯1次予選とACLは状況が違いますが、アジアで闘うことの怖さを感じたばかりなんで余計に「お前が浮かれるナ!」って思いました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fmarinos.blog4.fc2.com/tb.php/24-d6f41c2f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。