北の大地からF・Marinosを追いかけて
北の大地札幌から一刻も早い横浜永住を夢見る管理人がマリノスへの想いと北国の生活を綴るBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ありがたい社長の手紙w
我等が横浜マリノス株式会社の左伴社長殿の手紙がアップされましたw題名は「宣戦布告<長文深謝>」ですw感想を書いてみますwまず
その中で「5万2000かぁ…」と呟いた営業スタッフの声が耳に入りました。「余計な動員はなしにしよう。このゲームだけは本当にうちのサッカーを見たい人だけに来てもらいたい」。私がそう言ったものですから、チームの後押しになる仕掛け以外の興行は一切止めました。5万2000…でもこの数字がF・マリノスサッカーの魅力を語る数字だとはまるで思っていません。残り1万8000の空席は、私達フロントが責任を持って来て戴けるようにしなければ、あんなにも必死で戦ってくれている今のチームに申し訳がたたないと素直な気持ちで思っています。
本当に見たい人だけ5万2千人も入ったんですかね?疑問。密かにただ券ばら撒いた部分もあるんでしょ?wまぁ今のJの環境下において7万人収容のスタジアムを満杯にするのは不可能なので、ある程度のただ券巻くのは必要だと思いますwただ、後半部分、
残り1万8000の空席は、私達フロントが責任を持って来て戴けるようにしなければ、あんなにも必死で戦ってくれている今のチームに申し訳がたたない
これは是非有言実行して下さい。ってかこの社長の手紙は永久に残りますからね。社長殿の公約とも取れます。2ndも私たちの誇りは間違いなく優勝を争うでしょう・・・その時残りの1万8千人を集めるような魅力的な企画をフロントが打ってくれるんですよね?私はプロスポーツの経営者は「単なる道楽者で、脳細胞が進化してない」と常々思ってますが(Nissanから出向してくる者なんて論外)もし2ndの優勝決定戦(14節かなw)で満杯の横浜国際を実現するなら横浜フロントを激しくリスペクトしますw社長の手紙の中で「フロントの責任」と公言したとも取れる発言をしたんですからねwやってくれるんでしょうw
次に
今のトップチームが強い間に、若い芽の成長を促す環境やシステムを整えること。
言ったんだからね。やって下さいよ。言いっぱなしってのは一番カッコ悪いですからねw
今の横浜を見てみましょう。久保、安、奥、ドゥトラ、由紀彦、柳、遠藤、那須、松田、中澤、榎本・・・
遠藤と那須、あとは松田?しかいねーーじゃん!(あ、E本T也もか・・・4人もいるのかw・・・)サブを見てもあとは隼磨くらい。別に選手を補強するのは問題ないと思いますが、小原、数馬、大橋、本橋、さらには石川。ここらへんは素晴らしい素質あると思うんですがねw爆発するとこまでは持っていけてない。(横浜がビッククラブだからという理由もありますが)
那須のようにトップで爆発出来る選手を育てて下さい。期待してます。(とは言っても那須もマリノスに育てられたというより岡ちゃんに抜擢された感が強すぎw)
そして最後に
ですからしますよ、「宣戦布告 for the big club!」詳細は乞うご期待ということで。
とのことです。「乞うご期待」って社長自ら言ってるのでご期待します。何してくれるんでしょう?ってか何が左伴に出来るんでしょう?本当に「乞うご期待」ですw
長文深謝と言いながらたいして長文でない横浜マリノス株式会社社長の手紙はこちらですw
宣戦布告<長文深謝>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コレに関してはノーコメント!
最近辛口なのでw
2004/07/06(火) 22:42:56 | URL | COっち☆ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fmarinos.blog4.fc2.com/tb.php/41-0c8b08c5
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。