北の大地からF・Marinosを追いかけて
北の大地札幌から一刻も早い横浜永住を夢見る管理人がマリノスへの想いと北国の生活を綴るBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
久しぶりの社長のお言葉
new.jpg久しぶりにオフィシャルで我等が横浜マリノス株式会社左伴社長殿のありがたいお言葉が掲載されました。戸塚の練習場が移転するようです。
横浜マリノス「みなとみらい21地区」への移転のお知らせ
J2ダントツ最下位のコンサドーレ札幌「白い恋人サッカー場」よりもしょぼい、ってか何もない戸塚のトレセンでしたが、もの凄いリニューアルっぷりです。日産本社が移転するって聞いた時には「横浜国際の名前買わないでスタジアム作ってくれぇー!」なんて思ってましたが、これには満足です。素晴らしい。ってか横浜フロントはサポーターのことを全く考えていない集団だということは分かっています。相変わらず社長のこの辺の言葉はいやらしいですw
ステージ3連覇を果たしたチームが公園で練習していたり、昼に弁当を買っていたり、また育成の子供達が土ぼこりのあがるグランドで怪我を心配しながら練習していたり、そして東戸塚から遠路はるばる歩いてこられるサポーターの皆さんの姿を思い浮かべながら、遅まきながらでも本日ここに永年思い描いてきた夢をみなとみらい21地区への移転という形で実現出来たことを本当に嬉しく思っております。
でもこの日の社長殿のお言葉には拍手を送らざるを得ません。
クラブの集中化と都市部への移転は永年の夢ではありましたが、原資は限られており、01年6月着任当時は、残留争いにあえぐチームの短期での再建として、即戦力補強を選択致しました。そして、ある程度結果を残せるフェーズになってからは、ベンチマークを経営も含めアジア・世界にあげました。また、長期的チーム強化のための若手育成にも力点を置いてきました。ここまで来ますとどうしても世界でもひけを取らない「器」の導入は避けて通れない時期と判断し、移転を実行した次第です。
いつもでかい態度で「言ってることと、やってること違いすぎ!」と思ってますが、今回は素晴らしいですねw楽しみです。浦和もついこないだトレセンをリニューアルしたばかりですからねw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fmarinos.blog4.fc2.com/tb.php/80-ebf83d50
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。